なぜわたしたちは金を借りるのか?

一昔前とは違い、消費者金融や銀行からお金を借りることはすっかり一般的になりました。以前のように怖い、暗いイメージは無くなり、駅前にある契約機で契約を結ぶことができ、借り入れもATMで簡単に行うことができます。
そこには後ろめたい気持ちが介在することはありません。消費者金融の担当者はとても優しく、懇切丁寧に案内してくれることでしょう。
ですが、お金を借りるということは、もっと慎重な、うしろめたさを含んだもののはずです。お金を借りることには危険が伴っているはず。そこには葛藤や呪縛があってしかるべきなのです。
お金を借りることの目的は、もちろんお金を手に入れることですが、その目的を果たすには、もっと苦労や前準備が必要な事柄のはずです。その過程を無しにするから、ことの重みが感じづらいのではないでしょうか。


お金を借りることは、それだけの対価をともなう

簡単に融資を受けると、お金の重みが軽くなってしまいます。本来手に入るはずのない種類のお金ですから、その手に持っているお金の重要度はわかりづらいです。
本当は、その金額を手にするためにはそれに見合っただけの労働などの条件があるはずが、業者からお金を借りることによって簡単に手に入る。
昨日は無かったお金を、今は持っている。このことにはついつい軽い高揚感を覚えてしまいがちです。
ですが本来お金はそんなに簡単に手に入るものではないということを、もう一度思い出すべきです。
今あなたが持っているその借りたお金は、きちんと、結果に見合ったものでしょうか。あなたの、返済に費やすことになるかもしれない未来に見合ったものでしょうか。返済の負担も軽くはありません。


お金を手に入れたいという気持ち

お金は生きていく上でかかせないものです。食べるため、着るため、住むためにはお金が欠かせません。
ですがもちろん、それ以外にもお金が必要になります。娯楽、気晴らしなど、生きていく上で必要になるのは衣食住の要素だけではありません。
それらの要素を満たすためにお金を借りるのが必要だと思う方もいるでしょう。
生きるためには、世界に許されることが必要です。お金を持っていれば、それだけ生きていくことが許容される、認められるのです。だから、お金をたくさん持っている人は偉い身分に居るのでしょう。
お金が欲しいと言う人の中には世間に認められたいという思いの方もいるでしょう。お金はそれだけ、人に有無を言わせない力を持っているのです。

お金を借りるための法制度とは?

お金を借りる上で、貨し金業法は借り手である私たちにも重要な法律です。
まだ記憶に新しいとお思いになられる方もいるでしょう。
2010年6月に、年収の3分の1しか借り入れができなくなりました。
次々とお金を借りる人々が多重債務者となって、自己破産する、といった状況を憂いて、施行されたのが、この「総量規制」です。


<大変だった2010年>

2010年の6月前はなんだか大変でしたね。こぞってマスコミが総量規制についてニュースで流していました。特にパートやアルバイトの方々がお金を借りることができなくなるって、騒いでませんでしたか?
普通の消費者金融でお金を借りることができなくなったひとびとが、もしかしたら、闇金に流れていってしまうのではないかと、心配する声もありました。


<フタを開けてみれば・・・>

実際、総量規制が施行されても、あんまりすごい変化はなかったように感じます。と言うのも、総量規制は銀行系のカードローンや住宅ローンなどは対象外とされたからです。でも、金利の上限が低くなったし、逆にカード会社がいろいろなサービスを始めたので、結果的には自己破産者は減ったようです。
ところが、またぞや、その法律の見直しが検討されはじめているという話も。とにかく、庶民の願いはお金を借りるなら、低い金利で、審査を緩和してほしい、というところでしょうか。でも、返せないお金は借りてもいけませんね。お金は賢く借りましょう。

当サイトが参考にしたサイト ⇒ お金を借りる方法(http://ragtimesand.jp/)

お金を借りることにまつわるリスクを少しでも減らす

お金を借りることについてあなたはどれくらい考えているのでしょうか。もうすでにキャッシングの方向性を定めて、借り入れ後の展開にも気を配っているでしょうか。
どこからお金を借りるのかというのも重要です。その借り入れ先は果たしてキャッシングしやすいところでしょうか。借りやすい業者からお金を借りないとその後の返済も同じく苦労してしまうこと間違いなしです。
前もって返済に気を配っておかないと快適なキャッシングライフを送ることはできません。そうしないと後の未来は債務整理。そして中には自己破産に頼るしかなくなる人も少なくありません。


どれくらいお金を借りる?

様々な要望に応えてくれる便利なキャッシングサービスこそ、消費者金融や銀行のカードローンです。カードローンは色んな業者が違った設定で運営していますから、しっかりそれぞれの設定を確認してからお金を借りるために申し込まないといけません。
借り入れ可能な資格を手にすることができる人も限られており、その資格を手にすることができるかどうか、前もって審査を受けねばなりません。
そしてどれくらいの金額を借り入れるのか。そのカードローンの限度額。これにも気を配っておかないといけません。
多くのまとまった金額借入れるには高い限度額設定のものを利用する必要がありますよね。


時間をかけないキャッシング

借り入れにかかる時間もその消費者金融や銀行によって異なりますから、ここにも気を配っておく必要があります
時間のかからないキャッシングが必要なら、即日利用に対応した業者からお金を借り入れる必要があるはず。早い借り入れに対応した消費者金融。またはネットから早い融資に対応しているネットバンクのカードローンなどを利用してお金を借りることでこの目的を果たすことができます。
大々的に即日利用に対応と言っていても、実際に借り入れの申請を行うと何週間もかかってしまったというのは珍しい話ではありません。
体験談や口コミなど実際の利用者が残してくれた有益な情報は多いです。


実際の人間関係に影響を出さない借り入れを

貸金業者からお金を借りれば、それは商売上のやりとりであるため自分の人間関係に悪い影響を及ぼすことがありません。
お金を借りるのはいつもリスクがつきもの。できるだけ安全なキャッシングを希望しているならぜひとも家族や友人からお金を借りるのではなく、消費者金融や銀行、またはクレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りることにしましょう。

お金を借りることは決して恥ずかしいことではない

「お金を借りることは恥ずかしいことだ」「自分の収入だけで生きていけないなんてダメだ」「お金を借りなくてはならないのは、裏でギャンブルを行っているからに違いない」・・・今の日本には、キャッシングに対する悪いイメージが未だに残っています。
しかし、お金を借りることは全く悪いことではありませんし、恥ずべきことでもありません。
むしろ自分の将来を築き上げるには欠かせない要素にもなりえるものなのです。


お金を借りる人は増加傾向にある

現在、銀行や消費者金融で借り入れを行っている人口は数千万人に上ると言われていいます。
そしてこの数は、これからどんどん増えていくともいわれています。
つまり、キャッシングはより広まっていき、もっと身近なものになると考えられるのです。
それなのに「借金を作るなんて恥だ」と言うのは時代錯誤ですし、キャッシング機関でお金を借り入れるのはもはやすでに一般的なことなのです。
借り入れを行うことで自分の名誉や肩書きに傷がつくこともないので、借りたいときは堂々と借りるようにしましょう。


「借りグセ」には注意しよう

しかし、キャッシングの際に気をつけなくてはならないことがあります。
その一つが、金融機関でお金を借りることがクセになってしまうことです。
一度お金を借りて余裕を持って返せた場合、人の心理には「借りてもすぐに返せるんだから大丈夫」という意識が根付いてしまいがちです。
それが悪化するとどんどん大きな金額を借り入れるようになっていき、やがて手に負えない額にまで到達してしまいます。
そうなると自力では完済できなくなり、「借金返済のために借金をする」といった最悪の循環に陥ってしまいます。
そうなりたくなかったら、「お金を借りるのはこれで最後にしなければ」という意識を常に持っておきましょう。
ちょっとした気持ちから悪い循環は始まってしまうので、お金を借りるときは常に気を引き締めていきましょう。

お金を借りると住宅ローンなど将来に影響はある?

キャッシング会社が多くなったことや、自分の収入が証明できる場合には、アルバイトなどでもお金を借りることができるという条件、インターネットから気軽に申し込めるというサービスを進めていることから、利用者は増加しているそうです。しかし、このお金は住宅ローンなどに関係するのでしょうか?


お金を借りると影響するのはどの情報?

まず、信用情報という情報がお金の融資や過去の返済などに問題があったかないかを管理している会社です。この会社では一定期間、信用情報としてお金を借りる、かえすといった個人情報を保管しています。住宅ローンを利用する場合にもこの信用情報を見ますが、情報は5年から10年で消えるため、この期間を過ぎた場合には、影響がないという意見もあるそうです。ただし、借りている、借りていたという場合には、影響はゼロではありません。


どんな影響があるの?キャッシングの注意は?

しかし、借りていたという事実よりも、返済で遅延があった、未払いのものがあるなど、いわゆる事故情報と言われている情報の影響が強いと言われています。住宅ローンでは何千万を超える融資を受けることもあるので、返済をしていないというのは大きな問題となりますよね。普段からお金を借りるならきちんと返すなど、管理を行うことが大切だと考えられるそうです。

お金を借りる会社と利息のこと

お金を借りると返済のときに、手数料となる利息を合わせた金額を返済することとなります。この手数料は会社の利益にもなるものですが、法律で、とってもいい金額というのは決められています。この上限を超える利息の設定は、法律違反となるため、万が一支払い過ぎた場合でも、返金してもらえるそうです。これを利息の過払い請求といいます。


お金を借りるときの手数料

利息とは、お金を借りる上でかかる手数料と考えたらいいかと思います。借りる金額によって上限そのものは変わるのですが、原則として高い金額になるほど安くなると考えていいかと思います。この利息の法律の仕組みを利用することで、借り換えローンなどを組むと、利息負担が安くなるケースもあるそうです。すべて返済を終えてから10年間は、返金請求ができることから、最近になって過払い請求の注目は増えているそうです。


利用明細がなくてもOK

利用明細などが手元になくても、借りた会社へ問い合わせて利息の金額なども分かる明細を再送してもらうことができるそうです。個人でももちろんこの問い合わせは可能だそうですが、対応が遅いなどの場合には、専門家を通して請求を行うことも考えるといいそうです。

お金を借りることができない理由に増えているものとは?

お金を借りるためには、本人確認書類などを提出して審査を申し込みますが、若い世代では、消費者金融や銀行系カードローンを利用できないという人が増えているのだそうです。この大きな理由に、信用情報などの傷情報があると言われているそうです。携帯電話などの利用料金が関係しているそうですが、原因と言われることをご紹介します。


お金を借りるシチュエーションも増えた

実際に現金を借りていなくても、お金を借りるというシチュエーションは多いそうです。携帯電話なども利用したお金を支払っているという認識が多いかもしれませんが、この場合も、機種代などを数年間の契約で支払っていることが多くあります。継続した契約から、割引を利用して機種代を安くする方法なども、お金を借りる状態と実は変わらないということです。そのため、携帯電話の未払いがあることで、審査に落ちてしまうケースがあるのだそうです。


信用情報に傷があると審査に落ちやすい

信用情報で、数か月や半年など、かなり近い時期に料金の未払いなど、傷になる情報がある場合、銀行や消費者金融では、返済ができないという判断を行うため、お金を借りることが不可能になってしまうそうです。今はクレジットカードだけでなく、分割で支払うものが増えているようです。

高齢者がお金を借りることはできる?

お金を借りる条件では、二十歳以上の人ということが法律で定められているそうです。クレジットカードなどの信販の場合、ショッピング枠の利用は18歳以上から可能で、親が責任者となりますが、少額ローンなど、実際に現金でお金を借りる場合には、少し厳しくなるそうです。ではお金を借りる年齢の上限はどうなるのでしょうか?


お金を借りることのできる高齢者は?

多くの消費者金融では、収入の有無に関わらず、審査対象年齢を二十歳から75歳程度に制限しているそうです。これは、高齢者になると一般的には収入を得ることが難しいということが理由になっているそうです。年金以外の収入を得ている高齢者もたくさんいるようですが、一定の基準として、年金の給付を開始する65歳程度や企業の定年退職が多い60歳以降は、審査も厳しいという意見が多いと言われています。


回収できない危険を回避

高齢者がお金を借りることが難しいというのは、若い世代と比較すると寿命という面もあるそうです。保証人や担保なども設けらていない少額ローンの場合、借りた本人が亡くなってしまった場合、借金の返済はなかなか進まないなどの問題もあると言われているそうですから、会社としてもマイナスが大きくなってしまう可能性を回避しているといえるかもしれません。

お金を借りるときは初回特典もチェック

お金を借りることのできる会社に、銀行系カードローンが追加されたことから、消費者金融などでは利用者がなるべく利用しやすいプランを考えているそうです。その中でも注目されているのは、初回利用者のみが利用できる初回特典で、中には無利息になる期間などが設けられるものもあるそうです。


初めてお金を借りる人もお得に

消費者金融などに利用をしたことのない人も、初めて使う人がある程度安心して利用できることなども、非常に細やかに気遣いされているため、問い合わせダイヤルなどでも、女性専用のダイヤルナンバーを設けている会社も多くなっています。特に電話代などもかからないフリーダイヤルですし、初回にはポイントプログラムなどの利用を条件に、長い期間の会社では、30日間もの無利息期間があるそうです。


無料で利用できるメールサービス

このような特典の利用は、多くの場合メールサービスなどへの申し込みが条件となっているようですが、返済日が近づいたことを教えてくれるメールサービスなどの利用登録なので、登録して無駄なお金がかかることもありませんし、無料で返済日などを教えてくれるだけでなく、利用明細などもチェックできるそうです。お金を借りるときには、初回特典も充分に視野に入れた判断をしたいですね。

お金を借りるなら即日融資であっという間に

お金を借りることのできる会社では、即日キャッシングや、スピード融資などと呼ばれている、審査の時間をできるだけ短くした商品があります。リアルタイムで申し込まれた審査を確認し、お金を借りることのできる人へ、実際に振込みまでを短時間で行うことに重点を置いているサービスです。


お金を借りるなら早めに申し込みを

切羽詰まっている事情などの場合、できるだけ早い融資が欲しい、と望む声が少なくないことから、消費者金融や銀行系カードローンなども、できるだけ早い審査と融資に尽力しているそうですが、振り込みの場合、銀行窓口の関係などから、15時以降の入金は反映が翌営業日となっているそうです。そのため、申し込み時間によっては、お金を借りるまでの時間がかかるケースもありますので、なるべく早めに申し込みをする、条件などを細かく聞いてみるなど、工夫もいることでしょう。


残高に合わせて自動融資してくれるサービスも

カードや生活費などの引き落としでは、一部のカードローン会社は、お金を借りることなく、自動的に残高不足などの場合には足りない部分のお金を振り込んでくれるというサービス受け付けを行っている会社もあります。頻繁にひやひやするような経験のある場合には、このようなサービスを使うのもいいかもしれませんね。

「即日融資」「即日振込」でお金を借りる方法:その日のうちにお金を借りられる方法、また業者を紹介しています