お金を借りる会社と利息のこと

お金を借りると返済のときに、手数料となる利息を合わせた金額を返済することとなります。この手数料は会社の利益にもなるものですが、法律で、とってもいい金額というのは決められています。この上限を超える利息の設定は、法律違反となるため、万が一支払い過ぎた場合でも、返金してもらえるそうです。これを利息の過払い請求といいます。


お金を借りるときの手数料

利息とは、お金を借りる上でかかる手数料と考えたらいいかと思います。借りる金額によって上限そのものは変わるのですが、原則として高い金額になるほど安くなると考えていいかと思います。この利息の法律の仕組みを利用することで、借り換えローンなどを組むと、利息負担が安くなるケースもあるそうです。すべて返済を終えてから10年間は、返金請求ができることから、最近になって過払い請求の注目は増えているそうです。


利用明細がなくてもOK

利用明細などが手元になくても、借りた会社へ問い合わせて利息の金額なども分かる明細を再送してもらうことができるそうです。個人でももちろんこの問い合わせは可能だそうですが、対応が遅いなどの場合には、専門家を通して請求を行うことも考えるといいそうです。

おまとめローン審査通らない……おまとめローンの審査に通らない、もしくは利用を検討している方にお勧めのサイトです。

お金を借りることができない理由に増えているものとは?

お金を借りるためには、本人確認書類などを提出して審査を申し込みますが、若い世代では、消費者金融や銀行系カードローンを利用できないという人が増えているのだそうです。この大きな理由に、信用情報などの傷情報があると言われているそうです。携帯電話などの利用料金が関係しているそうですが、原因と言われることをご紹介します。


お金を借りるシチュエーションも増えた

実際に現金を借りていなくても、お金を借りるというシチュエーションは多いそうです。携帯電話なども利用したお金を支払っているという認識が多いかもしれませんが、この場合も、機種代などを数年間の契約で支払っていることが多くあります。継続した契約から、割引を利用して機種代を安くする方法なども、お金を借りる状態と実は変わらないということです。そのため、携帯電話の未払いがあることで、審査に落ちてしまうケースがあるのだそうです。


信用情報に傷があると審査に落ちやすい

信用情報で、数か月や半年など、かなり近い時期に料金の未払いなど、傷になる情報がある場合、銀行や消費者金融では、返済ができないという判断を行うため、お金を借りることが不可能になってしまうそうです。今はクレジットカードだけでなく、分割で支払うものが増えているようです。

高齢者がお金を借りることはできる?

お金を借りる条件では、二十歳以上の人ということが法律で定められているそうです。クレジットカードなどの信販の場合、ショッピング枠の利用は18歳以上から可能で、親が責任者となりますが、少額ローンなど、実際に現金でお金を借りる場合には、少し厳しくなるそうです。ではお金を借りる年齢の上限はどうなるのでしょうか?


お金を借りることのできる高齢者は?

多くの消費者金融では、収入の有無に関わらず、審査対象年齢を二十歳から75歳程度に制限しているそうです。これは、高齢者になると一般的には収入を得ることが難しいということが理由になっているそうです。年金以外の収入を得ている高齢者もたくさんいるようですが、一定の基準として、年金の給付を開始する65歳程度や企業の定年退職が多い60歳以降は、審査も厳しいという意見が多いと言われています。


回収できない危険を回避

高齢者がお金を借りることが難しいというのは、若い世代と比較すると寿命という面もあるそうです。保証人や担保なども設けらていない少額ローンの場合、借りた本人が亡くなってしまった場合、借金の返済はなかなか進まないなどの問題もあると言われているそうですから、会社としてもマイナスが大きくなってしまう可能性を回避しているといえるかもしれません。

お金を借りるときは初回特典もチェック

お金を借りることのできる会社に、銀行系カードローンが追加されたことから、消費者金融などでは利用者がなるべく利用しやすいプランを考えているそうです。その中でも注目されているのは、初回利用者のみが利用できる初回特典で、中には無利息になる期間などが設けられるものもあるそうです。


初めてお金を借りる人もお得に

消費者金融などに利用をしたことのない人も、初めて使う人がある程度安心して利用できることなども、非常に細やかに気遣いされているため、問い合わせダイヤルなどでも、女性専用のダイヤルナンバーを設けている会社も多くなっています。特に電話代などもかからないフリーダイヤルですし、初回にはポイントプログラムなどの利用を条件に、長い期間の会社では、30日間もの無利息期間があるそうです。


無料で利用できるメールサービス

このような特典の利用は、多くの場合メールサービスなどへの申し込みが条件となっているようですが、返済日が近づいたことを教えてくれるメールサービスなどの利用登録なので、登録して無駄なお金がかかることもありませんし、無料で返済日などを教えてくれるだけでなく、利用明細などもチェックできるそうです。お金を借りるときには、初回特典も充分に視野に入れた判断をしたいですね。

お金を借りるなら即日融資であっという間に

お金を借りることのできる会社では、即日キャッシングや、スピード融資などと呼ばれている、審査の時間をできるだけ短くした商品があります。リアルタイムで申し込まれた審査を確認し、お金を借りることのできる人へ、実際に振込みまでを短時間で行うことに重点を置いているサービスです。


お金を借りるなら早めに申し込みを

切羽詰まっている事情などの場合、できるだけ早い融資が欲しい、と望む声が少なくないことから、消費者金融や銀行系カードローンなども、できるだけ早い審査と融資に尽力しているそうですが、振り込みの場合、銀行窓口の関係などから、15時以降の入金は反映が翌営業日となっているそうです。そのため、申し込み時間によっては、お金を借りるまでの時間がかかるケースもありますので、なるべく早めに申し込みをする、条件などを細かく聞いてみるなど、工夫もいることでしょう。


残高に合わせて自動融資してくれるサービスも

カードや生活費などの引き落としでは、一部のカードローン会社は、お金を借りることなく、自動的に残高不足などの場合には足りない部分のお金を振り込んでくれるというサービス受け付けを行っている会社もあります。頻繁にひやひやするような経験のある場合には、このようなサービスを使うのもいいかもしれませんね。