お金を借りることができない理由に増えているものとは?

お金を借りるためには、本人確認書類などを提出して審査を申し込みますが、若い世代では、消費者金融や銀行系カードローンを利用できないという人が増えているのだそうです。この大きな理由に、信用情報などの傷情報があると言われているそうです。携帯電話などの利用料金が関係しているそうですが、原因と言われることをご紹介します。


お金を借りるシチュエーションも増えた

実際に現金を借りていなくても、お金を借りるというシチュエーションは多いそうです。携帯電話なども利用したお金を支払っているという認識が多いかもしれませんが、この場合も、機種代などを数年間の契約で支払っていることが多くあります。継続した契約から、割引を利用して機種代を安くする方法なども、お金を借りる状態と実は変わらないということです。そのため、携帯電話の未払いがあることで、審査に落ちてしまうケースがあるのだそうです。


信用情報に傷があると審査に落ちやすい

信用情報で、数か月や半年など、かなり近い時期に料金の未払いなど、傷になる情報がある場合、銀行や消費者金融では、返済ができないという判断を行うため、お金を借りることが不可能になってしまうそうです。今はクレジットカードだけでなく、分割で支払うものが増えているようです。