お金を借りるための法制度とは?

お金を借りる上で、貨し金業法は借り手である私たちにも重要な法律です。
まだ記憶に新しいとお思いになられる方もいるでしょう。
2010年6月に、年収の3分の1しか借り入れができなくなりました。
次々とお金を借りる人々が多重債務者となって、自己破産する、といった状況を憂いて、施行されたのが、この「総量規制」です。


<大変だった2010年>

2010年の6月前はなんだか大変でしたね。こぞってマスコミが総量規制についてニュースで流していました。特にパートやアルバイトの方々がお金を借りることができなくなるって、騒いでませんでしたか?
普通の消費者金融でお金を借りることができなくなったひとびとが、もしかしたら、闇金に流れていってしまうのではないかと、心配する声もありました。


<フタを開けてみれば・・・>

実際、総量規制が施行されても、あんまりすごい変化はなかったように感じます。と言うのも、総量規制は銀行系のカードローンや住宅ローンなどは対象外とされたからです。でも、金利の上限が低くなったし、逆にカード会社がいろいろなサービスを始めたので、結果的には自己破産者は減ったようです。
ところが、またぞや、その法律の見直しが検討されはじめているという話も。とにかく、庶民の願いはお金を借りるなら、低い金利で、審査を緩和してほしい、というところでしょうか。でも、返せないお金は借りてもいけませんね。お金は賢く借りましょう。

当サイトが参考にしたサイト ⇒ お金を借りる方法(http://ragtimesand.jp/)