お金を借りると住宅ローンなど将来に影響はある?

キャッシング会社が多くなったことや、自分の収入が証明できる場合には、アルバイトなどでもお金を借りることができるという条件、インターネットから気軽に申し込めるというサービスを進めていることから、利用者は増加しているそうです。しかし、このお金は住宅ローンなどに関係するのでしょうか?


お金を借りると影響するのはどの情報?

まず、信用情報という情報がお金の融資や過去の返済などに問題があったかないかを管理している会社です。この会社では一定期間、信用情報としてお金を借りる、かえすといった個人情報を保管しています。住宅ローンを利用する場合にもこの信用情報を見ますが、情報は5年から10年で消えるため、この期間を過ぎた場合には、影響がないという意見もあるそうです。ただし、借りている、借りていたという場合には、影響はゼロではありません。


どんな影響があるの?キャッシングの注意は?

しかし、借りていたという事実よりも、返済で遅延があった、未払いのものがあるなど、いわゆる事故情報と言われている情報の影響が強いと言われています。住宅ローンでは何千万を超える融資を受けることもあるので、返済をしていないというのは大きな問題となりますよね。普段からお金を借りるならきちんと返すなど、管理を行うことが大切だと考えられるそうです。