お金を借りる会社と利息のこと

お金を借りると返済のときに、手数料となる利息を合わせた金額を返済することとなります。この手数料は会社の利益にもなるものですが、法律で、とってもいい金額というのは決められています。この上限を超える利息の設定は、法律違反となるため、万が一支払い過ぎた場合でも、返金してもらえるそうです。これを利息の過払い請求といいます。


お金を借りるときの手数料

利息とは、お金を借りる上でかかる手数料と考えたらいいかと思います。借りる金額によって上限そのものは変わるのですが、原則として高い金額になるほど安くなると考えていいかと思います。この利息の法律の仕組みを利用することで、借り換えローンなどを組むと、利息負担が安くなるケースもあるそうです。すべて返済を終えてから10年間は、返金請求ができることから、最近になって過払い請求の注目は増えているそうです。


利用明細がなくてもOK

利用明細などが手元になくても、借りた会社へ問い合わせて利息の金額なども分かる明細を再送してもらうことができるそうです。個人でももちろんこの問い合わせは可能だそうですが、対応が遅いなどの場合には、専門家を通して請求を行うことも考えるといいそうです。