高齢者がお金を借りることはできる?

お金を借りる条件では、二十歳以上の人ということが法律で定められているそうです。クレジットカードなどの信販の場合、ショッピング枠の利用は18歳以上から可能で、親が責任者となりますが、少額ローンなど、実際に現金でお金を借りる場合には、少し厳しくなるそうです。ではお金を借りる年齢の上限はどうなるのでしょうか?


お金を借りることのできる高齢者は?

多くの消費者金融では、収入の有無に関わらず、審査対象年齢を二十歳から75歳程度に制限しているそうです。これは、高齢者になると一般的には収入を得ることが難しいということが理由になっているそうです。年金以外の収入を得ている高齢者もたくさんいるようですが、一定の基準として、年金の給付を開始する65歳程度や企業の定年退職が多い60歳以降は、審査も厳しいという意見が多いと言われています。


回収できない危険を回避

高齢者がお金を借りることが難しいというのは、若い世代と比較すると寿命という面もあるそうです。保証人や担保なども設けらていない少額ローンの場合、借りた本人が亡くなってしまった場合、借金の返済はなかなか進まないなどの問題もあると言われているそうですから、会社としてもマイナスが大きくなってしまう可能性を回避しているといえるかもしれません。