お金を借りるための法制度とは?

お金を借りる上で、貨し金業法は借り手である私たちにも重要な法律です。
まだ記憶に新しいとお思いになられる方もいるでしょう。
2010年6月に、年収の3分の1しか借り入れができなくなりました。
次々とお金を借りる人々が多重債務者となって、自己破産する、といった状況を憂いて、施行されたのが、この「総量規制」です。


<大変だった2010年>

2010年の6月前はなんだか大変でしたね。こぞってマスコミが総量規制についてニュースで流していました。特にパートやアルバイトの方々がお金を借りることができなくなるって、騒いでませんでしたか?
普通の消費者金融でお金を借りることができなくなったひとびとが、もしかしたら、闇金に流れていってしまうのではないかと、心配する声もありました。


<フタを開けてみれば・・・>

実際、総量規制が施行されても、あんまりすごい変化はなかったように感じます。と言うのも、総量規制は銀行系のカードローンや住宅ローンなどは対象外とされたからです。でも、金利の上限が低くなったし、逆にカード会社がいろいろなサービスを始めたので、結果的には自己破産者は減ったようです。
ところが、またぞや、その法律の見直しが検討されはじめているという話も。とにかく、庶民の願いはお金を借りるなら、低い金利で、審査を緩和してほしい、というところでしょうか。でも、返せないお金は借りてもいけませんね。お金は賢く借りましょう。

当サイトが参考にしたサイト ⇒ お金を借りる方法(http://ragtimesand.jp/)

お金を借りると住宅ローンなど将来に影響はある?

キャッシング会社が多くなったことや、自分の収入が証明できる場合には、アルバイトなどでもお金を借りることができるという条件、インターネットから気軽に申し込めるというサービスを進めていることから、利用者は増加しているそうです。しかし、このお金は住宅ローンなどに関係するのでしょうか?


お金を借りると影響するのはどの情報?

まず、信用情報という情報がお金の融資や過去の返済などに問題があったかないかを管理している会社です。この会社では一定期間、信用情報としてお金を借りる、かえすといった個人情報を保管しています。住宅ローンを利用する場合にもこの信用情報を見ますが、情報は5年から10年で消えるため、この期間を過ぎた場合には、影響がないという意見もあるそうです。ただし、借りている、借りていたという場合には、影響はゼロではありません。


どんな影響があるの?キャッシングの注意は?

しかし、借りていたという事実よりも、返済で遅延があった、未払いのものがあるなど、いわゆる事故情報と言われている情報の影響が強いと言われています。住宅ローンでは何千万を超える融資を受けることもあるので、返済をしていないというのは大きな問題となりますよね。普段からお金を借りるならきちんと返すなど、管理を行うことが大切だと考えられるそうです。